畳の張り替え費用は業者によって大きく変動する

畳の張り替え費用は業者によって大きく変動する

畳

専門業者へ依頼するメリット

畳の張替えは、まず家具の移動から始めなければなりません。張替えの工程は、上の家具をすべて退け、古い畳を一旦取り外してから、新しいものに取り替えて家具を元に戻すという流れになっています。この作業は一家族にはかなり荷が重い作業なので、苦労しながら自力でやるよりも、作業費を払って業者に依頼した方が良いです。

専門業者へ依頼する際の費用相場

裏返しで張替えを済ますなら、新しい畳を買う必要が無いので、費用は1畳当たり約3000円程度で済みます。畳表を変える場合は、片面の畳表のみ買わなければならないので、畳1枚で5000円程度かかります。また、新畳を購入して入れ替えるなら、安いもので1枚7000円、高級なものだと1枚1万円が相場です。これらの相場を参考にして業者を比較しましょう。

畳張替えの費用の内訳

畳張替えにかかる費用は、三つに分けられます。一つは作業費で、家具を動かしたり畳を張り替えたりする作業にかかるお金です。二つ目は畳代で、新しいものにする場合に、質に応じて払います。三つ目は交通費で、畳業者を遠くから呼んだ場合に、燃料や高速道路料金としてかかる費用です。このうち交通費は、できるだけ近くの業者に頼むことで畳の質を下げずに削減できます。

専門業者へ依頼する流れ

張替え方法を決めておく

業者を探す前に、まずは自分の畳の状態を見ましょう。畳業者は、方法をどれにするか聞いてから、必要な道具と商品を持って訪ねてきます。つまり畳張替えの方法を選ぶのは利用者自身であり、業者に依頼するにも事前に方法を決める必要があります。

適切な畳業者を探そう

畳業者は案外たくさんあり、主にネットで市場を展開している業者や、ホームセンターのサービスの一環として行われているものなど様々です。この中から、値段や品質を比較して、満足のいく良い業者を探し出してから依頼しましょう。

申し込みは電話でも申込フォームでも出来る

ネット上の商売に重点を置いている畳業者は、ウェブに依頼フォームを設立しているので、必要項目を入力するだけで簡単に申込ができます。また、依頼フォームがない場合は、畳業者に直接電話して依頼しましょう。

カタログを見て畳や縁を購入する

新しい畳を買う場合や畳表を新しくする場合は、畳床やい草を購入します。また裏返しで張替えて貰う場合も、畳の縁は新調しなければなりません。これらはネットや店舗にあるカタログを見て選び、料金は張替え後に払うことになります。

広告募集中